不正史 vol.4 - 不正のトライアングル Part.2 -

小人閑居して不善をなす

小人間居為不善

- 『大学』

 

不正のトライアングルの2つ目の要素は機会です。

不正を実行しうる状況がある場合、それが誘因となって不正が起こってしまいます。

 

引用元:企業会計審議会「不正リスク対応基準」付録1

(1)企業が属する産業や企業の事業特性が、次のような要因により不正な財務報告にかかわる機会をもたらしている。 

・ 通常の取引過程から外れた関連当事者との重要な取引、又は監査を受けていない若しくは他の監査人が監査する関連当事者との重要な取引が存在する。
 ・ 重要性のある異常な取引、又は極めて複雑な取引、特に困難な実質的判断を行わなければならない期末日近くの取引が存在する。
 ・ 明確な事業上の合理性があるとは考えられない特別目的会社を組成している。
 ・ 業界の慣行として、契約書に押印がなされない段階で取引を開始する、正式な書面による受発注が行われる前に担当者間の口頭による交渉で取引を開始・変更する等、相手先との間で正当な取引等の開始・変更であることを示す文書が取り交わされることなく取引が行われうる。 

(2)経営者の監視が、次のような状況により有効でなくなっている。 

・ 経営が一人又は少数の者により支配され統制がない。 

(3)組織構造が、次のような状況により複雑又は不安定となっている。 

 ・ 異例な法的実体又は権限系統となっているなど、極めて複雑な組織構造である。

(4)内部統制が、次のような要因により不備を有している。 

 ・ 会計システムや情報システムが有効に機能していない。

 

これもわかりやすい例で言えば、次のようなに言い換えられます。

 

「経営者が稟議も取らずに勝手に取引を行っている」

経理担当者が一人でお金を扱っている」

「実施者の作業結果を誰もチェックしていない」

 

人間は条件付けで如何ようにも振る舞うものです。適切な条件設定をしてあげれば良好なパフォーマンスを発揮しますし、そういった視点を欠いた組織運営では各人の才能を最大限に発揮させることは難しいものです。

 

どんな人間が仕事に関与しているのか、どのような好みがあって、苦手なことがあって、どのような接し方、言葉のかけ方をすればパフォーマンスを発揮するのかを考慮すべきですが、大抵の場合は置き去りです。

 

「まずはやれ!!」

 

そのような乱暴な指揮命令で何とかしようとする管理者がいますが、全く求められる能力を発揮できているとは思えません。(が、それが多数派です。)

 

一人にあらゆる権限を集中する中央集権型の組織設計であっても牽制機能は実装しておく必要があります。どんな人間でも悪さはします。おそらく例外はありません。

 

私は韓非子はあまり好きではありませんが、組織運営にあたっては人間を信用しない設計・運用が求められるのかもしれません。

 

 

(趙匡胤 + 康煕帝)÷ 2 + 万暦帝 × 0.1

中国の歴史を学んでいて面白い事柄は様々ありますが、皇帝の人柄、人物像を考察してみるのは面白いです。人間模様を眺めるのは今も昔も変わらず、皆の興味関心があるところです。

 

中国の長い歴史の中には賢帝とされる王がいる一方、評価が芳しくない王もいたりします。良いところも悪いところも学んで、今に活かすことができるといいと思います。ここでは独断と偏見で何人かみてみましょう。

 

まずは、宋を建国した趙匡胤です。

 

自ら望んで皇帝の座に就いたのではないようですが、それでも一国を建国してトップにつくのですから相応の人徳があったのかもしれません。節度使を廃止したり、科挙に殿試(皇帝による面接)を追加したりと、様々な政策を実行していきます。

 

ちなみに、節度使を廃止したことで軍事力が弱くなり、「防衛、どうすんの?」となったので「敵にはお金をあげよう」ということで(澶淵の盟)、争いごとをお金で解決したそうです。とても生々しいですね。

 

趙匡胤はどうも温厚な人物であったせいか、統治も人民に優しくお店も深夜まで賑わいを見せるなど、皆が住みやすいものだったそうです。

 

次は清の第4代皇帝の康煕帝です。

 

国史上で誰が最も優れた皇帝か?

そう問われれば、おそらく唐の太宗(李世民)か康煕帝かというのが相場でしょうか。それほどまでに優れた人物であったし、良い治世であったと言われます。

 

在位61年は中国の皇帝で最長であり、他国のトップもファンだったそうです。軍事もできる、内政もバッチリ、人柄は良好、吐血するほどに勉学に励み、質素に暮らした・・・あまりに出来すぎなので、本当か?、と疑わしいところもないわけではありませんが、いずれにせよ優れた人物だったようです。

 

あと一人、明の万暦帝を紹介しましょう。

 

この皇帝も在位47年間も皇帝であり続けました。が、この皇帝が面白いのはそのうち30年ほどは”皇帝業”をサボって全く政治を執り行わなかったところです。

 

即位した最初の頃は、本人も気合があったそうで、部下の張居正と共に治世に励んだそうです。が、張居正は上司である万暦帝にも口うるさくあれこれと注文をつけたようです。

 

やる気があった万暦帝もモチベーションがだだ下がり、以降、引きこもり状態だったようです。

 

このように様々な皇帝たちが織りなす人間模様を眺めているだけでも中国史は面白いのですが、実際に組織のトップなら誰がいいでしょうか?

 

趙匡胤康煕帝のような、”バリキャリ”がいいのでしょうか?

少なくとも万暦帝のような皇帝は具合が悪そうですね。

 

いいとこ取り、趙匡胤の人柄、康煕帝の実務能力に万暦帝のだらしなさを少し足すくらいが丁度いいのかな、私はそう思います。あまりに、バリバリやり過ぎると、周りが疲れてしまいますし、かといってあまりにだらしないとモチベーションが上がりません。人柄だけでは治まるものでもないかもしれないので、それぞれの要素をバランスよく兼ね備えた人物がいいですね。

 

みなさんはどうでしょうか?

 

城、庭園、寺、神社、そしてデジタルアート

城は防衛上の要塞かつ権威の象徴、庭園は権力者が道楽でつくったもの、寺や神社は宗教儀式のための必要性から作り出されたものです。どれもはじめに明確な目的(実際的な問題に対応するのか、道楽であるかはあるにせよ)があってつくられたものです。

 

それらは現代においても当時の目的をそのままに伝えているものもありますが、鑑賞する対象として多くの人の支持を集めているのは興味深いです。それらが作られた背景も含めて、芸術作品として楽しむ。

 

かつての遺産が本日においても、それ自体が、または派生するサービス(観光地周辺の飲食店やお土産屋さん)を生み出している。どのような文脈でそれらが生み出されるのかといえば、地域の活性化のため、文化遺産の保存のためと様々ありましょうが、多くの人の生活を支え、街に賑わいをもたらしています。

 

権力者や製作者はそのようなことは思ってもみなかったのではないでしょうか?

 

当初の意図とは違った解釈をされて、文化が後世に伝わり、多くの人を楽しませている。非常に興味深い話ですね。

 

現代においてはネット上で多くの作品が生み出されています。それは個々人の意見を公表したり、画像や動画の形で表現されます。

 

思想や文学などは時代を超えて伝播して、多くの人の解釈を生み出し、またそれが影響を与えます。絵画や彫刻もそうかもしれません。

 

あと数十年後、数百年後にデジタルアートなどが多くの人の解釈を生み出したり、別の形で表現されるとしたらロマンがある話ですね。そのような普遍性ある営みにはどこか魅力を感じずにはいられません。

 

 

 

財務報告の上流へ

会社は毎期、決算期が来ればB/SやP/Lなどの決算書を作成して報告することが求められます。そのためには、日々の取引に関する情報・資料を収集する事が必要です。そのためには、必要な人員を確保しておく、ルールを整備しておくことが求められます。さらにそのためには、どのような考え方・思想に基づいて組織を設計するのかについての基盤が必要です。

 

思想・考え方

方法・体制

決算書

 

表面的に現れる決算書の数字の正確性、つまり実際の取引を反映しているのかどうかを担保するのはその前段階を考えることです。どのようなやり方で仕事をしているのか、どのような人員が関わっているのか、それぞれは何を考えているのか、好みは?、嫌いなことは?、何が得意で何が苦手か?・・・最終的なアウトプットに影響する要因は無数にあります。

 

更に上流にはどのような思想・考え方に基づいて組織を、仕事を設計するのかについての基盤が必要です。

 

何か問題があった際にはこの段階にまで立ち入って改善すること、見直すことが求められますが、実際にはそこまで考慮されることは稀ではないでしょうか?

 

より深部へアプローチすることはどんな状況でも有効かと思いますが、時に痛みを伴うので心理的抵抗から状況を直視することが難しいというのが人間心理ということですね。

 

不正史 vol.3 - 不正のトライアングル Part.1 -

他山の石以て玉を攻むべし

他山之石 可以攻玉

- 『詩経

 

不正に関して有名な理論として、不正のトライアングルというものがあります。有名な理論なので聞いたことがある方もいるかと思います。

 

不正のトライアングルにおいては、不正の発生する原因として以下の3つが示されています。

 

・動機・プレッシャー

・機会

・姿勢・正当化

 

ひとつずつみていきましょう。

 

・動機・プレッシャー

不正をしようとする動機が当人にあること、不正をする脅威にさらされていることがひとつめの、動機・プレッシャーです。

 

引用元:企業会計審議会「監査における不正リスク対応基準」 付録1

(1)財務的安定性又は収益性が、次のような一般的経済状況、企業の属する産業又は企業の事業環境により脅かされている。 

 ・ 利益が計上されている又は利益が増加しているにもかかわらず営業活動によるキャッシュ・フローが経常的にマイナスとなっている、又は営業活動からキャッシュ・フローを生み出すことができない。
 ・ 技術革新、製品陳腐化、利子率等の急激な変化・変動に十分に対応できない。 

(2)経営者が、次のような第三者からの期待又は要求に応えなければならない過大なプレッシャーを受けている。 

・ 経営者の非常に楽観的なプレス・リリースなどにより、証券アナリスト、投資家、大口債権者又はその他外部者が企業の収益力や継続的な成長について過度の又は非現実的な期待をもっている。
 ・ 取引所の上場基準、債務の返済又はその他借入に係る財務制限条項に抵触しうる状況にある。 

(3)企業の業績が、次のような関係や取引によって、経営者又は監査役等の個人財産に悪影響を及ぼす可能性がある。

・ 経営者又は監査役等が企業と重要な経済的利害関係を有している。 

(4)経営者(子会社の経営者を含む。)、営業担当者、その他の従業員等が、売上や収益性等の財務目標(上長から示されたもの等含む)を達成するために、過大なプレッシャーを受けている。 

 

難しい言葉を使っていますが、簡単に言ってしまうと以下のような状況が考えられるかと思います。

 

「家のローンの支払いに困っていて・・・」

「遊ぶ金が欲しくて・・・」

「飲みに行く金がなくて・・・」

 

企業という視点ではなく、個人という視点で書いてみましたが、それほどおかしな話ではないかと思います。

 

人間、生きていれば苦しい時やつらい時もあるでしょう。そのような時に上記のような生活に関する悩み、ストレスから遊ぶ金欲しさに悪い方に走ってしまうことは十分に考えられます。

 

確かに人間という生き物を考察した素晴らしい洞察ですね。

 

 

気づいたら情報が散らかっている・・・

幼い頃、親に「片付けをしなさい!」と言われた経験がある方は多いかと思います。整理整頓はマナーとして身につけなさい、だらしがなくなってはいけない。そのように教えられたことでしょう。

 

現代社会においてはモノや情報が過剰と言えるまでになっており、如何にそれらを上手く整理するのかも重要になっているのではないでしょうか?

 

「情報は検索できるから整理する必要なんてない!」

 

そのようにおっしゃる方もいるかもしれません。

私はその考え方には反対です。

 

一定の命名規則でファイルを作成し、所定のフォルダ構造を作成し、適度に分類された状態でデータが保管されていることに美しさを感じますし、情報処理の点からも効率的ですし、精神衛生上、健全です。

 

ほっておくと情報は爆発的に増えてしまいます。情報が増えることがより良いことだという風潮もあるかもしれません。確かにその面もありますが、それらを上手く取り扱うためには、分類・整理が必要です。情報の集まりにも秩序は必要です。

 

誰でも書きなぐりのメモよりも、上手く編集された書籍のほうがいいですよね?

 

情報を理路整然と分類・保管することに価値が見出される、情報化社会におけるマナーになってくれたらと思います。

読んでもらうための形式としては

何かまとまった考えを伝えるための媒体としては紙面、音声や映像などがあります。最近はYouTubeなど映像で伝える形式が全盛のようです。私もちょいちょい見ていたりします。

 

学習すること、情報を取得するという面からはどれが効率的でしょうか?

 

速度を求めるならば、文字を読むのがおそらくは最速でしょう。文字を読むとなったら、紙面と電子媒体の2つがありますね。紙面は従来からあった、電子媒体は新しく登場した形式です。

 

伝搬、改訂、追加、削除、そして検索が容易に行えることは電子媒体が有利です。利便性だけ考えたら、圧倒的に文字情報を電子媒体で伝えるのがよろしいかと。

 

Podcastなどで音声を好きな時に聴けるのも魅力的です。私もよく聞いています。ですが、参照すること、必要な情報を取り出すことにかけては文字のほうが便利です。

 

他の情報への参照、ある程度の情報の整理の自由度、いくつか理由がありますが、電子媒体+文字が学習や情報処理の面からは望ましいですね。